今年の夏のおすすめ映画、「君の名は。」

観てきました~。

最後の「。」がポイントですよね。これがあるだけで、なんだか面白そうな感じ(気のせい?)。

肝心の内容はというと……。

まず映像の美しさ! これはもう、新海監督の得意分野ですね。

特に紅葉のシーン。画面一杯に炎のようなモミジが広がって、思わずため息が出ちゃいます。

雨のシーンも素敵でした。新海作品には大粒の雨がよく似合うこと。

リアルなんだけれどファンタジック。今私たちが見ている世界の、一番美しい瞬間だけを集めたような。

でもそれは、今までの彼の作品もそうでした。

「君の名は。」がここまでヒットした理由は、ストーリーの素晴らしさにあると、私は個人的に思うのです。

普通のラブストーリーは、男性と女性が出会って始まるもの。

でも「君の名は。」では、いきなりお互いの体にダイブしちゃうんです。

これ以上ないってくらいのアクシデントを、二人はどう乗り越え、そして恋に落ちるのか。

「君の名は。」、必見です。