親友だからこそ聞きづらい話について

私には高校からの親友がいます。現在30代なので15年以上の付き合いになります。住まいも同県の隣の市に住んでいて車で15分くらいなので、会おうと思えばいつでも会えます。

彼女のほうが私より先に結婚してもう7~8年経つかと思われます。私はちょっと遅くて30手前で結婚しました。私たち夫婦には、長男3歳と長女が7ヶ月になる2人の子供がいま

す。ですが、彼女たち夫婦にはどういう理由かいまだに子供がいません。

ちなみに親友は保育士なので絶対子供は好きなはずです。いつも会うたびに聞きたいと思っているのですが、聞いてはいけないことのような気がしてずっと聞けずにいます。同じ女性として、やはり我が子は本当に可愛いので、欲しくないはず無いと思うのです。

ですから、何か深い理由があるに違いないと、勝手に思い込んで余計に聞きづらくなっています。旦那様が子供嫌いなのか、ただ単に子供になかなか恵まれないだけなのか、どちらにせよ親友とはいえ、ずかずか入り込んでいっていいことでもないような気がするのです。

けれども、お互いの子供同士いつか一緒に遊ばせられたらなあ、と楽しみにはしているのですが、果たしていつになるのかさっぱりわかりません。もし、悩んでいることがあれば、きっと彼女のほうから話してくれると思っているので、あえて聞こうとはしません。でもすごーく気にはなっています。このもどかしさ、誰かに分かって欲しい、と常々思っています。

彼女が嫌な思いをせずに自然と聞きだす方法があれば、すぐにでも実行したいくらいです。どなたかご存知ならば教えて頂きたいものです。しょっちゅう会うわけではないのですが、会えば顔色もいいし、元気そうで、旦那様のことが大好きといった感じで、いつも旦那様のことを話してくれるので、たぶん夫婦仲も問題は無いはずなのです。

とすると、やっぱりただ授からないだけなのだとしたら、それはそれでかわいそうで聞くのもなんだかなあといった感じですし・・・。この疑問が晴れる日はいつになるかわかりませんが、彼女との友情はこれからも大事にしていきたいと思っています。

ホッと落ち着ける、憩いのBARへ

今日は、仕事も休みでゆっくりできるな?、でも家にいても落ち着かないしな?と思い、いつもの行きつけのBARに一人で一杯飲みに行きました。マスターとも顔なじみで話もよく合うため、居心地のいいBARです。はじめは会社の同僚につれられて、何気なく入ったのがきっかけでしたが、お店の雰囲気やほかのお客さんもすごく印象のいい方ばかりだったので、仕事で疲れたしどこかで癒されたい。なんて思った日に、一人でもう一度入ってみたのがきっかけです。女の独り酒だからと気負いすることもなく、何度か飲みに行くうちに常連のようになりました。

今日はカウンターに何気なく置かれている漫画を手にとり、おすすめのカクテルを飲みながら、時にマスターと言葉を交わしながら、あっという間に2時間ぐらい時がたっていました。こうやって、自分の家以外でくつろげる、居心地の良い場所が出来るのってすごく幸せだと感じます。

家庭菜園を始めたら、夫婦の会話がはずむ様になりました。

妻が家庭菜園を始めて三カ月程になります。

二坪程の小さな土地ですが、街中にあっては人が羨む宝物の様な空間です。

最初は私も開墾を手伝っていましたが、あまり向いていない様です。

妻は、最初蔦や雑草が生い茂った土地を鍬をふるって開墾し、

市から無償で頂ける堆肥を加え畝を作りあっという間に畑にしてしまいました。

九月の中ごろ、大根、小松菜、ブロッコリー、春菊など冬に向けて野菜を植え付け、

襲い来る蝶々や名も知らぬ虫に立ち向かい、十一月には収穫の時期に入りました。

私は収穫の時だけ手伝いましたが、実りを実感出来るのは楽しいことです。

虫食いの小松菜でも湯がけば十分いただけますし、

目に見えて大きくなっていく大根や蕪にはにんまりしてしまいます。

年を越し、冬野菜は終りに近づき、次のシーズンに向けて妻との話し合いも楽しい今日この頃です。

何年かぶりの再放送で気づいたこと

関西地方に住んでいますが、現在午後から草彅剛さん主演のドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」が再放送されています。以前も何度か再放送されていて大好きなドラマです。妻に突然離婚を言い渡され、子供役の凛ちゃんと2人の生活をしていく話なのですが、同じような年頃の私の娘と凛ちゃんの姿が重なっています。私の娘も凛ちゃんのようにおっとりした性格なのです。
用意が遅いイライラする草彅さんが怒る姿にビクビクする凛ちゃん。前の再放送は娘がまだ小さいころでピンと来なかったのですが、同じような年になってはっと気づかさせられるような場面が増えていました。このドラマを通して、娘への接し方、娘の考え方などを考えさせられています。

今日の寒さは尋常じゃなくて震えまくっています

今日は本当に寒かったですね。各地で雪が降ったニュースで盛り上がっていましたが、すっかり冬になってしまった印象があります。

私も、今日はついにダウンを出して、ブーツも出して、しっかり冬の装備で出勤しました。

マフラーも巻きたかったのですが、ちょっと急な冷え込みだったので、マフラーが見当たらず、仕事のときに使うひざ掛けをマフラー風に、ストール風に巻き上げて出勤しました。

やはり首もとを暖めると格段にホットな感じになります。

みんなが肩をすくめて歩いている中、厚手のひざ掛けを巻いていたので、私は暖かかったです。

でも、職場では足元がとっても寒くてトイレにばかり席を立っていました。

やはり業務用のエアコンでは、足元までは効率的には暖められないのだということも感じました。

仕事を終えて帰宅して、ヒーターとコタツの暖房が一番暖かくて幸せです。

のんびり読書の、幸せな午後でした。

今日は朝から仕事でした。

といっても、外出メインで直帰OKなので、さっさと終わらせて、午後はのーんびり。

コーヒーなんか入れて、ひさびさに、じっくり読書Dayです♪

読んだのは、群よう子の「パンとスープとネコ日和」。

この作家さんの本は初めてです。

ほのぼのとして、面白くて、一気に読んじゃいました。

そして最後のあたり、泣いてしまいました。

すごくいい本でした。

ネットで調べたら、続きもあるみたいですね。

それに、群よう子の、他の本も読んでみたくなりました。

今度、探してみようと思います。

あったかい部屋で、お気に入りのコーヒー淹れて、お気に入りの音楽かけて、読んだ本も気に入って。

何でもないことだけど、こういうの、けっこう幸せです。

もっと幸せなのは、明日も休みだってこと(笑)

明日も本、読みまくっちゃおうかな…。

高齢者の運転による事故。免許返上は出来ないのか?

最近高齢者の事故が多発している気がします。

そしてその被害者は、何もしていない、ただ歩いている歩行者だったり。

家族が突然事故で喪われる。

こんな悲しいことはないですよね。

車がないと不便な気持ちも、自分は大丈夫!という気持ちもわからなくはありませんが、一番大事なのは人の命だと思います。

今の法律だと結局は本人次第で何歳でも乗れてしまうので、思い切って年齢制限を設けるのもありかと思います。

私も親が70代です。

うちの親は免許がないので車の運転はできませんが、親の兄弟はまだ運転していて、時々乗せて貰っています。

もしかしたらということを考えると乗せて貰う事もやめて欲しいのですが、親は特に何とも思っていないらしく、あまり聞く耳を持ちません。

これだけ重大な事故が立て続けに起きているのに、その世代の認識が少し薄い気がしています。

口ずさみながらレベルアップ&筋力アップ

昔から歌うことが大好きで、音楽を聴いていると無意識に歌ってしまいます。

夜、寝る前や、休日にゲームをしている時に音楽をイヤホンで聴きながらプレイするのが楽しくなっています。

家の壁が薄いので、大きな声で歌うと隣に丸聞こえだし恥ずかしいので極力小声でふんふん歌っているのですが、これがなかなか腹筋にいい刺激になっているようで、2時間ほど歌いながらゲームしているとかなり疲れ、夜ぐっすり眠れています。

ゲームのほうも作業だけの時も淡々と進めれるし、集中力がない時もかなり続けられるので、いったんハマりだすと止まらなくなるので、たまに声が出なくなるまでやってしまう事がありますが、ゲームは進むし知らないうちに腹筋も鍛えられているし、やめられません。

ちょっと気にし過ぎでしょうか?

若いころは特に何も思わなかったことが年を重ねるうちに気になるところが出てくる事があります。例えば、テレビドラマなどで食卓のシーンが出てきますが、お汁とご飯の位置が反対というのが気になります。お汁は右側、ご飯は左側という風に小さいころから母親に教えられてきたので自分が食卓に並べる時も必ず位置を守ります。ランチなどでも食べ物がプレートに乗って運ばれてきた時に反対になっているととても気になって直してしまいます。

私は30代後半ですが、ドラマなどを手掛けている人たちは私より年下なのかなと思うのです。最近の若い世代の人達はそのようなことは気にしないのでしょうか。それともただ単に教えられていないだけ、もしくは私が気にし過ぎなのでしょうか。